お知らせ│熊本市東区で歯科・歯医者をお探しの方はくらた歯科クリニックまで

Map

096-285- 6480 ムシバゼロ

休診日 木・日祝
…祝日のある週や土曜日休診の場合は
木曜日に振替えて診療いたします。

診療時間 日祝
9:00~13:00 ● ● ● ● ●
14:30~18:30 ● ● ● ● ●

お知らせBlog


全ての皆様へご覧いただきたいです!

2022年11月24日

当院の目指すところは

いつも当ブログを拝見いただき、誠にありがとうございます!

このブログは、より多くの方々に歯科について興味を持っていただく、あるいは歯科の知識を増やしていただきたいと思い投稿しています^_^

そして今回は少し視点を変えて、当院の目指すところについてお話をさせていただきたいと思います!

まずはじめに前提として、

虫歯と歯周病は、おそらくなくならないと思います!!

すごくすごく簡単にいうと、

唾液がある歯石がつく歯周病の始まり

唾液がない口が渇く虫歯の始まり

つまりどちらにせよ、虫歯と歯周病は人生において、『切っても切れない縁』だということです^_^;

(このブログを拝見していただいている歯科医師の先生には、疑問を持たれた方もいらっしゃると思いますので、念のため補足で付け加えておきます!

『歯が1本もない方は、当然虫歯と歯周病の縁はありません』)

さて、この前提を踏まえて当院の目指すべき方向ですが、

虫歯と歯周病がなくならないのであれば、それを悪化させないように予防すれば良い!

つまり、

予防歯科の徹底が目指すべき方向です!!

では一口に予防歯科といっても何をするのでしょうか?

歯科医師の先生の考え方によって少し違いがあると思いますが、

私の考えとしては、

虫歯の早期発見と長期観察』です!

以前は、虫歯があればすぐに処置をしていましたが、残念ながら一度処置をされた歯は75%以上の確率で再治療になるという見解があります。

つまり一度治療をしてしまった歯は、その歯を失うまで何回も何回も再治療になるということです。。。

そこでいろいろ研究をし、論文を探した結果、【虫歯は長期観察する方が、その歯の一生の寿命は10年以上長くなる】ということがわかりました

そのため、私は虫歯を見つけても定期的に管理をしていく道を選んでいます!

ここでお気づきかもしれませんが、そのために当院では1ヵ月〜3ヶ月以内のメンテナンスを推奨しています。

もちろん虫歯があれば患者さんにはお伝えをし、メンテナンスの時に虫歯が大きくなっていれば処置をする事は伝えております!

また特に乳歯の場合ですが、

どうせ生え変わるから治療してもしなくてもどっちでもいい、とか、

黒くて見た目が悪いので処置をしてほしい、

とか言われることもあります。

ここでパパやママにとってはチクリとさせることかもしれませんが、一応お伝えしておきます^_^;

子供の歯が黒くなっていたり、穴が空いていると早く治療してほしいと思うのが親の気持ちだと思います。

もちろん痛みがあれば治療しないといけません。ただし、そうでなければそのまま経過観察をするのも、決して悪いことだとは思いません。

何故かというと、

歯医者に行って無理矢理治療をさせられたら当然子供は嫌がりますし、その結果、歯医者嫌いになる可能性は十分にあります。

そうなれば痛みがあっても親に言わず我慢することを覚えます。そしてそのまま歯医者嫌いへと育ってしまう可能性が高くなります。

そうならないために小さいうちから歯科のことを好きになっていただく必要があると思います!!

そのためにはまず治療というより、

・なぜ虫歯になってしまったのか?

・今後この虫歯が広がらないためにはどうすれば良いのか?

・歯医者では何をするのか?

に重点をおくべきだと思います!!

また虫歯や歯周病菌は家族内感染を起こしますので子供の虫歯治療をするのであれば、一緒に保護者の方の虫歯治療も徹底する必要がありますね

そこで当院は121日より特に小児に力を入れていけるよう、方向性を大きく変えることが決まっています^_^

ですので、これをきっかけに今一度、歯について興味を持っていただけると幸いです

今回のブログはすごく長くなってしまいましたが、少しはご理解いただけたのではないでしょうか?

それではまた次回のブログをお楽しみに(^^)

 
ネット予約はこちら