ブログ|熊本市東区で歯科・歯医者をお探しの方は【くらた歯科クリニック】まで

Map

096-285- 6480 ムシバゼロ

休診日 木・日祝
…祝日のある週や土曜日休診の場合は
木曜日に振替えて診療いたします。

診療時間 日祝
9:00~13:00 ● ● ● ● ●
14:30~18:30 ● ● ● ● ●

お知らせBlog


本日は開業記念日!!

2022年5月9日

本日5/9は、当院が開業してちょうど4周年という記念日です!
月日が経つのは早いもので、もうあっという間に5年目に突入です(^^)
ここまで来れたのも、当院に関わる全ての皆様のおかげだと本当に心から感謝しています!
これからも地域に根ざした歯科医院を目指して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします☆

また、当院は5月は開業感謝祭を行なっています☆
意外と評判が良く、子どもも大人もしっかり楽しんでくれています☆

イベントを考えてくれたスタッフ、準備を頑張ってくれたスタッフたちにも感謝です(^^)

読書!!

2022年4月6日

気付けばもう桜も散り始めていますね。
なんだか春になるのはあっという間だった気がします!

 

さて、急に話は変わりますが、
私の今年の目標として、読書を続けることを掲げます☆

 

私の好きな言葉に、
『本を読まない人は心の歯周病』というものがあります(^^)
たしかに読書はしなくても死にはしませんが、
心は豊かにならないと思います!

 

たった1000円程度でたくさんの知識や情報を得ることができる本は、本当に心を豊かにしてくれます!
残念ながら私たちの習慣と行動は、自分が経験した知識や情報の中でしか、選択することができません。

 

そうであれば本をたくさん読んで、たくさんの知識を手に入れた方が断然お得だと思いますよね(^^)

と言うことで週に1冊は読んでいこうと思います!

4月になりましたね☆ある意味注意が必要です!!

2022年4月2日

新学期、新年度のためバタバタされている方も多くいらっしゃるかと思います!
・初めて入園するお子さま
・初めてランドセルで登校するお子さま
・初めて一人暮らしをする学生さん
・初めて社会に出る社会人

 

などなど、
多くの方が環境の変化に遭遇することでしょう(^^)
そして、こんな時期はついつい『食いしばり』が起きてしまいます!

 

しかし多くの方は、
「そんなはずはない!」
「食いしばりなんてしない!」
「今まで言われたことない!」
と言われます。。。

 

ですが、実はみなさん食いしばっています笑

 

詳しく話すと長くなりますので簡潔に、、、

 

食いしばりの原因は主にストレスだと言われています^_^
想像してみて下さい!
ストレスがあると食いしばりそうですよね?
そして今、ストレスがない方はいらっしゃいますか??

 

もう答えは明白ですね(^^)

 

人間の本能として、ストレスを抱えると必ず食いしばりや歯ぎしりをする習性があると言われています☆
実際私も大学に残っていた頃、この食いしばりについて研究をしていました☆

 

『100人いたら100人食いしばりをしている』
これは間違いのないれっきとした事実です!

 

今このブログを読んでいるあなた!!おそらく食いしばっていますよね笑?

 

と言うことで、食いしばりはみなさんしています!
そしてこの時期は特にそれが顕著に現れる時期なのです☆

食いしばりがひどくなると歯がかけたり割れたり、虫歯になったり歯周病が悪化したりと悪さが多くなります!!!

みなさん気をつけて、食いしばりとうまく付き合っていきましょうね(^^)

精密歯科診療を目指して!

2022年3月29日

みなさんは歯科治療を受ける際に、
①長年の経験で治療をされる
②しっかり診て治療される
これらではどちらが良いでしょうか?

もちろんどちらかが良くて、どちらかが悪いという話ではございません。
長年の経験で素晴らしい治療をされている先生もいらっしゃいます(^^)

しかし、私のようなまだまだ未熟なドクターでは、経験がない分、しっかり診て診療するスタイルが性に合っているように感じます!

そこで私は研修医時代より、拡大鏡を使用しています☆

拡大鏡とは、いわゆる対象物を大きく見るメガネのことですが、我々の治療する歯はご存知のように、とても小さいです。

ミリ単位の仕事では、とても追いつきません。
0.02mmの世界です!!

ここで残念なのが、人の目(裸眼)では、0.06mmまでしか見えないと言われています。。。
つまり、0.02mmの治療をするには拡大するしかないのです!!!!!

それを知っていた私は、研修医のころより3倍のメガネをかけています(^^)
(0.02mmを見るには、3倍の拡大鏡で実質0.06mmの大きさで見ることができます!)

しかーし!!!
これで約13年、特に大きな問題もなく過ごしていましたが、本当にこれでいいのか?と疑問を持つようになりました!

(ちなみに当院には歯科用顕微鏡がございます!
これは約26倍で見ているのですが、持ち運びができないので、少し不便です)

そこで!
今回新たに5倍、7.5倍の拡大鏡を導入しました☆
これなら持ち運びも便利ですし、とにかくよく見えます(^^)
たまに見えなくてもいいものまで見えたりします笑

長くなりましたが、このように日々成長しながら精密歯科診療を行なっていきたいと思います☆

変なメガネですが、ご勘弁を!!

ラジオ出演!

2022年3月24日

もう過ぎたことですが、昨日ラジオ出演をしてきました!
熊本シティFMというラジオなのですが、とても緊張しました(^^)

今回のタイトルは歯並びと姿勢についてです!

要点だけここに書いておきますね☆

①姿勢が悪いと歯並びが悪くなる
②歯並びが悪いと歯磨きがしにくくなる
③その結果虫歯や歯周病が進行する

歯並びは遺伝ではなく環境要因だと言われています!
なので諦めずに生活習慣を少し変えるだけで歯並びはぐっと変わる可能性があります(^^)
また矯正治療が必要な場合、何歳からでも基本的には始めることができますのでぜひ近くの歯医者さんでご相談くださいね!

【もしかして私だけ?口の中がよく乾く方必見!!】

2022年3月10日

【もしかして私だけ?口の中がよく乾く方必見!!】

 

久しぶりの投稿です!
年度末はなにかと忙しくなる時期ですね!
こんな時期にはストレスが溜まってしまうこともよくあります。。。
そしてこのストレスが原因で歯茎が腫れたり、歯が痛くなったりすることもあります!!

 

また最近多いのが、『口が乾く』という現象。
実はこの症状もストレスが原因の可能性もあります☆

 

まずは口が乾く原因を列挙しますね(^^)
①口呼吸をしている
②水分補給をしていない
③薬をたくさん飲んでいる
④加齢変化
⑤全身疾患
⑥ストレスを抱えている
などなど。

 

この中でコントロールできるのが、
①②⑥です!

 

そして①⑥についてですが、、、

 

口呼吸は鼻がつまっている時やテレビを観ている時、くつろいでいるときにもやりがちです!
基本的には普段唇は軽く閉じておくことが大切です☆
唇が開いていると歯周病の悪化にもつながりますし、
歯並びも悪くなります!
注意しましょう!!

 

そして⑥のストレス!!
これはどんな病気をも引き起こす可能性があります。。。
ストレスが原因でくいしばり、その結果『虫歯、歯周病、破折』など様々な病気になってしまいます!
また、舌がヒリヒリしたり、顎が痛くなったりもしますので、
ぜひストレスは発散するようにしましょうね(^^)

 

単純に口が乾くというだけでもたくさんの原因が考えられますので、
気になられる方はぜひ当院までお越しください☆

ご迷惑をおかけしております。

2022年2月13日

現在、オミクロン株の蔓延防止措置のため、ご予約を制限させていただいております。
早く治療を終わらせたい、あるいはメンテナンスを受けたいと思われている患者様には、大変ご迷惑をおかけしております。

その中でも、平日の遅い時間帯や土曜日を希望されている方はとても多く、
ご予約が2週間〜3週間待ちの状態となってしまっております。

この世界情勢の中、通常診療に踏み切るにはまだリスクが高いと判断せざるを得ないため、
もうしばらく現状が続くと思われます。

なお、平日の午前〜16時頃までは比較的ご予約にゆとりがあるため、
感染のリスクも軽減でき、さらに待ち時間も非常に少ないので、
治療をお急ぎの方はぜひこの時間帯も検討されてみてください!

みなさまのご理解とご協力をよろしくお願い致します。

インビザライン、プラチナステータス!!

2022年2月8日

突然ですが、、、

インビザラインといえば

『くらた歯科!!』

と最近は言われるようになりました!!

 

当院は去年よりインビザラインシステム(マウスピース型矯正治療)を導入し、おかげさまでかなりの実績を積むことができております!
その甲斐あって、熊本でも数少ない『プラチナステータス』の認定をいただきました(^^)

 

ブロンズから始まり、シルバー→ゴールド→ゴールド2、そして今回のプラチナとかなりの試練を乗り越えなければ辿り着けないステータスまで一気に行くことができました☆

 

これはただ単に症例数が多いというだけではなく、実際の患者さまへのニーズに応えられているか、あるいは計画通りに進んでいるか、またきちんと資料をとって的確な判断ができているかなどが加味されていると思います!!

 

おそらく導入した年度にここまで辿り着いた歯医者は熊本では初めてではないでしょうか?

 

クチコミで患者さまの数が増え、これだけのニーズに応えられていることに感謝しかないですね(^^)
これからも地域に根ざした歯医者となれるよう精一杯努力します!
よろしくお願い致します☆

妊婦歯科検診はなぜ受けるの?

2022年1月26日

妊娠中はとくに、できる限り面倒なことはしたくないですよね?

 

そんな中、なぜ妊婦歯科検診を受けなければならないのか?と疑問に思っている方のためにお応えします(^^)

 

〜ちょっと真面目な話です〜
妊娠中はホルモンバランスの変動によって、歯周病菌が繁殖しやすい口内環境になってしまいます。
また、つわりで歯をきちんと磨けないなどの理由から虫歯や歯周病などになるリスクが高まります。

 

妊娠中に、虫歯菌や歯周病菌がお口から体内に入り込んでしまうと、妊娠37週未満で出産してしまう早産や、新生児の体重が2500gに満たない低体重児出産を引き起こす可能性があるといわれています。
アメリカの研究によれば、歯周病の方が飲酒や喫煙によって起こる同様のリスクよりも危険性が高いことがわかったそうです。

 

また、赤ちゃんに虫歯をうつしてしまうリスクもあります。
赤ちゃんのお口の中には、もともと虫歯菌は存在しませんので、大人の唾液を介して感染してしまうのです。
そこで赤ちゃんを虫歯から守るためには虫歯菌をうつさないことが重要となります。赤ちゃんが生まれてくる前に、一緒に生活する大人たちの虫歯も治療しておくことが大切です。

 

妊婦歯科検診の重要性が少しはご理解いただけたでしょうか?

 

ちなみに、赤ちゃんが生まれてからは、食器の共有や食べ物に息をかけて冷ますなど、大人の唾液が赤ちゃんの口に入るような行為も控えるようにしましょうね(^^)

赤ちゃんのむし歯について

2022年1月24日

〜赤ちゃんの虫歯〜

赤ちゃんのむし歯はあっという間に進んでしまいます。もしむし歯になってしまったら、すぐに適切な処置が必要になることもあります!

しかし現在では、基本的には進行性のむし歯でなければ3歳まで経過観察をすることが多いです☆
焦らずにまずは受診ください(^^)

 

また低年齢でも安全に処置ができる、子ども専用の器具を用いて治療を行うことも可能です!

 

〜ママ・パパのお口のクリーニング〜

赤ちゃんはお口の中に虫歯菌や歯周病菌がいない状態で産まれてきます。その後のお子さんのお口の状態を決めるのはママとパパ次第です。
とくに、1歳半から2歳7か月くらいの間に周りの人、特にママからのむし歯菌の感染が集中しておこることがわかっていて、この時期のことを『感染の窓がひらく時期』といいます。

 

この時期に感染するむし歯菌をなるべく減らすことが、お子さんの「むし歯になりやすさ」を生涯にわたって減らすことになります。

 

そのためには、3歳になるまで家族全員でお口のケアを徹底することが、お子さんのお口の中のむし歯菌の数を減らすことに最も効果的です。

 

パパやママも定期的なお口のクリーニングをして、むし歯菌を減らすようにしていきましょう(^^)

1 2 3 4 5 6 58
 
ネット予約はこちら