ブログ|熊本市東区で歯科・歯医者をお探しの方は【くらた歯科クリニック】まで

Map

096-285- 6480 ムシバゼロ

休診日 木・日祝
…祝日のある週や土曜日休診の場合は
木曜日に振替えて診療いたします。

診療時間 日祝
9:00~13:00 ● ● ● ● ●
14:30~18:30 ● ● ● ● ●

お知らせBlog


全ての皆様へご覧いただきたいです!

2022年11月24日

当院の目指すところは

いつも当ブログを拝見いただき、誠にありがとうございます!

このブログは、より多くの方々に歯科について興味を持っていただく、あるいは歯科の知識を増やしていただきたいと思い投稿しています^_^

そして今回は少し視点を変えて、当院の目指すところについてお話をさせていただきたいと思います!

まずはじめに前提として、

虫歯と歯周病は、おそらくなくならないと思います!!

すごくすごく簡単にいうと、

唾液がある歯石がつく歯周病の始まり

唾液がない口が渇く虫歯の始まり

つまりどちらにせよ、虫歯と歯周病は人生において、『切っても切れない縁』だということです^_^;

(このブログを拝見していただいている歯科医師の先生には、疑問を持たれた方もいらっしゃると思いますので、念のため補足で付け加えておきます!

『歯が1本もない方は、当然虫歯と歯周病の縁はありません』)

さて、この前提を踏まえて当院の目指すべき方向ですが、

虫歯と歯周病がなくならないのであれば、それを悪化させないように予防すれば良い!

つまり、

予防歯科の徹底が目指すべき方向です!!

では一口に予防歯科といっても何をするのでしょうか?

歯科医師の先生の考え方によって少し違いがあると思いますが、

私の考えとしては、

虫歯の早期発見と長期観察』です!

以前は、虫歯があればすぐに処置をしていましたが、残念ながら一度処置をされた歯は75%以上の確率で再治療になるという見解があります。

つまり一度治療をしてしまった歯は、その歯を失うまで何回も何回も再治療になるということです。。。

そこでいろいろ研究をし、論文を探した結果、【虫歯は長期観察する方が、その歯の一生の寿命は10年以上長くなる】ということがわかりました

そのため、私は虫歯を見つけても定期的に管理をしていく道を選んでいます!

ここでお気づきかもしれませんが、そのために当院では1ヵ月〜3ヶ月以内のメンテナンスを推奨しています。

もちろん虫歯があれば患者さんにはお伝えをし、メンテナンスの時に虫歯が大きくなっていれば処置をする事は伝えております!

また特に乳歯の場合ですが、

どうせ生え変わるから治療してもしなくてもどっちでもいい、とか、

黒くて見た目が悪いので処置をしてほしい、

とか言われることもあります。

ここでパパやママにとってはチクリとさせることかもしれませんが、一応お伝えしておきます^_^;

子供の歯が黒くなっていたり、穴が空いていると早く治療してほしいと思うのが親の気持ちだと思います。

もちろん痛みがあれば治療しないといけません。ただし、そうでなければそのまま経過観察をするのも、決して悪いことだとは思いません。

何故かというと、

歯医者に行って無理矢理治療をさせられたら当然子供は嫌がりますし、その結果、歯医者嫌いになる可能性は十分にあります。

そうなれば痛みがあっても親に言わず我慢することを覚えます。そしてそのまま歯医者嫌いへと育ってしまう可能性が高くなります。

そうならないために小さいうちから歯科のことを好きになっていただく必要があると思います!!

そのためにはまず治療というより、

・なぜ虫歯になってしまったのか?

・今後この虫歯が広がらないためにはどうすれば良いのか?

・歯医者では何をするのか?

に重点をおくべきだと思います!!

また虫歯や歯周病菌は家族内感染を起こしますので子供の虫歯治療をするのであれば、一緒に保護者の方の虫歯治療も徹底する必要がありますね

そこで当院は121日より特に小児に力を入れていけるよう、方向性を大きく変えることが決まっています^_^

ですので、これをきっかけに今一度、歯について興味を持っていただけると幸いです

今回のブログはすごく長くなってしまいましたが、少しはご理解いただけたのではないでしょうか?

それではまた次回のブログをお楽しみに(^^)

歯科治療の実態!!

2022年11月19日


突然ですが、あなたは歯科治療について、次のような疑問を持たれたことはありませんか?

 

  • 一度治した歯が、なぜまた痛くなるの?
  • ちゃんとハミガキをしているのになぜまた再治療になるの?
  • 神経を抜いた歯が割れて抜歯しなくてはならなくなった、なぜ?
  • 神経を抜いた歯に膿が溜まって腫れた、なぜ?
  • 結局、虫歯になると治らないものなの?

 

神経を抜かれた歯が繰り返し悪くなる負のサイクル(悪循環治療)とは

 

世間ではあまり知られていないようですが、歯の神経にはたくさんの働きがあります。

 

  • 歯が割れるのを防いでくれる
  • 歯の中で膿が溜まるのを防いでくれる
  • 虫歯の進行を遅らせてくれる
  • 歯に起こった変化を知らせてくれる

 

安易に神経を抜いてしまうと、これらの働きがすべて失われ、再治療や抜歯になることが度々あります。
神経を抜いてしまうと、歯の寿命は約15年も短くなります。
また、2025年後には抜歯になるというデータも出ています。
20
歳で神経を抜くと40歳代には抜歯になる計算になります。

 

実はこの神経を抜く処置こそが負のサイクル(悪循環治療)の入り口となっているのです。

 

負のサイクル(悪循環治療)

神経を抜く

神経を抜いた歯が弱くなる(歯が割れる、膿が溜まる、また虫歯になる)

度重なる治療により修復できなくなる。(抜歯)

        

周りの歯に負担がかかる。(虫歯や歯周病などのリスクが高まる)

 

この流れを断ち切ることこそ、「なるべく神経を抜かない虫歯治療」にこだわったきっかけです

 

また、虫歯の再発を予防する方法についてまとめます。

 

. なぜ二次虫歯は起こるのか :詰め物や被せ物に隙間が生じることで、細菌が入り込んで虫歯が再発する
. 二次虫歯は初めての虫歯よりも予防しにくい :治療した歯は脆く、細菌に感染しやすいため
. 二次虫歯の予防方法 :セラミックにする、最初の虫歯治療の時点で歯科医院選びにこだわる
. 二次虫歯は歯を失う原因になる :治療のたびに歯を削ることで少しずつ歯が失われていく

 

これら4つのことから、虫歯の再発を予防する方法について分かります。以前に新聞でも記事になっていたことがありますが、近年虫歯は減少傾向にあります。これはフッ素配合の歯磨き粉の普及などが主な理由となっています。

 

しかし二次虫歯においては減少傾向ではなく、最初の虫歯が減少していることでむしろ虫歯の割合としては高くなっています。このため、セラミックや定期検診などによって確実に予防するようにしなければなりません。

【むし歯の成り立ち】必読!!

2022年11月11日

むしは、“虫歯むしば”ではありません。

pic01@sm

line@sm

むしになりやすいところ

line@sm

歯ブラシの毛先がとどきにくいところに注意ちゅうい

pic02@sm

line@sm

むしのすすみ方

line@sm

初期しょきむしは、むし歯になる一歩手前。

pic03@sm

line@sm

むしになりやすいおやつ

line@sm

“だらだらべ”は、大敵たいてき

pic04@sm

※花王株式会社参照

【歯石がつきやすい人必読】

2022年11月7日

そもそも歯石とは?

【プラークが石灰化して硬くなったもの。歯科医院で定期的に除去することが必要不可欠】

 

 不十分な歯磨きのため、プラーク(歯垢)が長期間、歯の表面についているとき、唾液に含まれるカルシウムやリン酸がプラークに沈着して、石のように硬くなったものが歯石です。

プラークは、およそ2週間で歯石となります。

 歯石そのものは、むし歯を引き起こしませんが、歯石の表面がざらざらしているので、そこに細菌が増殖し『歯周病』を引き起こします。

 歯石の除去には、そのもととなるプラークをつかなくするための毎日のブラッシングが肝心ですが、少しでも取り残すとそこから増えますので、正しい歯磨きでプラークを完全にとることとが必要です。

 

 お口の中から、100%完全にプラークをなくすことは困難で、数か月程度でたいていの方には歯石が沈着してきますので、歯医者で定期的に歯石除去(スケーリング)をすることが効果的です。

 

 また歯垢は『食べカス』ではなく、『むし歯菌や歯周病菌の塊』で、1gの歯垢の中には1000億個以上の菌がいるといわれています。

 

 歯垢を取り除くには、『歯ブラシやフロス』などを使ったケアが必要です。歯垢(むし歯菌や多糖類) を選択的に吸着して除去する成分を配合した歯みがき剤を使用することもおすすめします。

 

【まとめ】

歯石は歯磨き不足が原因で、歯ブラシだけでなく、フロスや歯間ブラシの使用が必須となります!

また歯周病予防のケアグッズの使用もオススメです☆

11月よりインビザライン矯正の契約数を増やします!!

2022年10月30日

当院の院長は、インビザライン認定のプラチナドクターです(^^)
プラチナドクターだからこそ、安心・安全な矯正治療を提供しています😊

〜お知らせ〜

11月より通常、月に15人限定の契約を、なんと25人にさせていただきます!!

 

 

今までお断りしていた方にもまた矯正を始めるチャンスがやってきました👍

 

(結構早い段階で契約が埋まりますので、ご検討されている方はぜひお早めに‼️)

※しかも矯正診断は無料です😋

#くらた歯科クリニック#熊本市東区#おとなこども歯科#笑顔の集まる場所#予防歯科#最良の治療#最高の笑顔#最大の感謝#マイクロスコープ#CT#精密診療#削らない治療#歯周病認定医#糖尿病登録歯科#アライナー認定医#保存認定医#ホワイトニング#インビザライン#スタッフ募集中#歯科衛生士#笑気麻酔#熊歯科#中島学園#歯科衛生士募集中#インビザラインプラチナドクター#限定

10月ももう終わりますね!来年の目標は立てましたか?

2022年10月30日

現在当院では、ハロウィンイベント中です☆
来院された方に間違い探しクイズをしてもらっています^_^

全問正解した方には、お菓子をプレゼントしています☆主に子供向けですが…


さて、当院では来年の目標を10月に立てることが多いです!!
よくあるパターンとしては、年明けに今年の目標を掲げてしまうことがありますが、
そうすると3月位になると目標すら忘れてしまうことが多いように思います。。。

そうならないために、大体10月ごろに来年の目標を立てます。すると、年明けにはもう一度今年の目標を再確認することができるため、自分の仕事に対して1年間のスケジューリングがかなりやりやすくなります☆

また、今年の残りあと2ヶ月で来年1年間のやるべきことを明確にすることもできるため、10月に目標を立てることを皆さんにお勧めしたいと思います(^^)

それでは今年も残すところあと2ヶ月、よろしくお願いいたします☆

本日はご迷惑をおかけいたしました。

2022年8月1日

本日は朝から機械のトラブルがあり、
復旧にかなりの時間を要しました。
その結果、ご予約をいただいておりました患者様へ、多大なご迷惑をおかけすることとなり申し訳ございませんでした。

現在は復旧作業も無事に終わり、
明日からは通常通り診療ができる体制となっております。

特に夏休み期間で、かなり多くの患者様がいらっしゃる時期ですので、今後同じようなことが起こらないように、
万全の体制を整えておきたいと思います!


申し訳ございませんでした。

院長 蔵田和史

【夏休み限定、15名まで】小児マウスピース型矯正装置!

2022年7月27日

夏休み期間中は、特に当院で人気の『マウスピース型矯正』の患者さんが多くなります!

大人でも子どもでもできる矯正は、近年かなり普及しています(^^)

当院でも実際に多くの患者さんがされていますが、最近は患者さんが多すぎてお断りすることもあります。

 

しかし!!

夏休み期間中は月に通常7名までの契約のところを、15名まで拡大します☆

矯正を考えてある方、必見です!!

 

今回は特に小児に適した矯正装置を紹介します(^^)

 

【概要】

マイオブレース・システムは、早期予防矯正治療で、悪い歯並びの根本的原因に働きかけることを目的としています。ほとんどの場合、抜歯やブラケット矯正を行わずに自然な成長と発達を実現します。治療に最適な年齢は3~15歳で、口内に装着する取り外し可能な一連の器具を1日1時間と夜間就寝中に装着します。

マイオブレース治療の効果:
* 間違った口腔習癖を改善する
* 顎の発達や位置を改善する
* 歯並びを改善する
* 顔の骨格の最適な発達を促す
* 健康改善
* 健康な食習慣を促す

具体的な治療法は?
子どもに以下のことを教えます:

* 鼻呼吸
* 安静時の正しい舌の位置
* 正しい飲み込み方
* 唇を閉じた姿勢

【目標】
マイオブレース・システムの目標は、顎と歯の自然な発育を確立することです。 治療の指示によく従うことで、マイオブレース治療はキレイな歯並び以上の結果をもたらしてくれます。
1. まっすぐな歯
2. 歯と顎の位置を改善する
3. ブラケットの使用を最低限に抑える、または使用しない
4. 健康な歯の抜歯を回避する
5. 固定式保定装置の必要性を軽減する
6. 顔の発達を改善する
7. 健康を改善する
8. 遺伝的可能性を発達させる


必ずしもすべての目標を達成できるとはかぎりません。治療の成功は、子どもがマイオブレース治療の指示によく従ったかどうか、習癖や成長パターンを改善させる能力があるかどうかに大きく左右されます。一般的に治療の早期開始が成功の確率を高めます。3~15歳の育ちざかりの子どもは、治療の指示によく従うことで理想の結果が得られます。

虫歯ができるには?

2022年7月21日

今回は少し真面目な話ですが、
虫歯ができる条件について書きますね❗️

虫歯ができる条件は4つ

1. 歯がある
2. 口中に虫歯菌がいる
3. 虫歯菌の栄養源(糖類)がある
4. 虫歯菌が増える時間がある

虫歯菌の栄養源となる糖類は、甘いお菓子だけでなく、惣菜の調味料や、米、パンなどの炭水化物にも含まれます😀
虫歯菌が増えると、そのかたまりである歯垢に酸が発生し、酸が歯を溶かして虫歯ができてしまいます😭

〜虫歯のできやすい場所TOP3〜

虫歯になりやすい場所は、次の3カ所。いずれも歯ブラシだけでは磨くのが難しい場所です❗️

1. 歯と歯の間
歯と歯の細い隙間に歯ブラシの毛先が入りにくく、歯垢を取りにくい場所です。

2. 奥歯の溝(咬合部:こうごうぶ)
形状が複雑で歯ブラシが届きにくく、隅々まで磨きにくい場所です。

3. 歯の根元(歯頚部:しけいぶ)
歯質が柔らかな根元は、歯垢が残って虫歯が進行しやすい場所です。

少しは勉強になりましたか?
これからは予防歯科にも力を入れていきますので、
どうぞよろしくお願い致します☆

本日は開業記念日!!

2022年5月9日

本日5/9は、当院が開業してちょうど4周年という記念日です!
月日が経つのは早いもので、もうあっという間に5年目に突入です(^^)
ここまで来れたのも、当院に関わる全ての皆様のおかげだと本当に心から感謝しています!
これからも地域に根ざした歯科医院を目指して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします☆

また、当院は5月は開業感謝祭を行なっています☆
意外と評判が良く、子どもも大人もしっかり楽しんでくれています☆

イベントを考えてくれたスタッフ、準備を頑張ってくれたスタッフたちにも感謝です(^^)

1 2 3 4 5 6 58
 
ネット予約はこちら